雨量観測器による地域防災 資料詳細

  • 防災・危機管理

支援企業:エコー電子工業株式会社

局地的豪雨の対策に必要なのは、エリアごとのリアルタイムな雨量把握
導入自治体:南島原市(長崎県)

局地的豪雨の対策に必要なのは、エリアごとのリアルタイムな雨量把握

『エクロス』で得た雨量情報は住民も市のホームページ上で閲覧でき、さらに、一定雨量を超せば登録アドレスに注意喚起のメールを自動通知する機能も今後実装予定であるため、自助・共助につながる活用を促します。そのほか、今後『エクロス』に蓄積されるデータをもとに、「水害の確率が高まる降雨量」などを分析し、さらなる迅速な避難対策に活かしたいです。

当社は、ピンポイントでカメラ画像を配信するサービスも行っています。データだけでなく、画像を通じた目視による雨量の現状把握により、自治体の避難対策のさらなる迅速化を支援します。興味のある自治体の方は、ぜひ当社にご連絡ください。

資料詳細

資料目次

■局地豪雨対策ソリューション
■雨量観測局の特徴
■お問い合わせ先 他

サービスカテゴリー

+ すべてのカテゴリを表示する

+ すべての項目を表示する