より高度により自由なデータ分析が簡単に!

データ利活用の推進 資料詳細

  • 情報政策

支援企業:株式会社エーティーエルシステムズ

「データに基づく行政サービス」で 満足度の高い自治体づくり、より自由度の高い分析を実現するプラットフォーム「行政情報分析基盤 for セルフBI」

自由度の高い「セルフ分析」を実現

自治体内やクラウドで保有する各種システムからの多種多様なデータを1つのプラットフォーム上に統合し、これまで横串での連携が難しかったデータの一元化とデータ分析、データ利活用を容易に行えるようにしたソリューション。
「BIツールを導入しているがうまく活用できていない」「いま行っているデータ分析をもっと高度化したい」という自治体様に最適な分析環境を提供。

データの利活用が自治体で広まるなか、エンドユーザー自身でデータ分析やデータ利活用、レポート作成ができるセルフサービスBIツール、「セルフBI」を導入する動きも見られる。さいたま市(埼玉県)も、そうした自治体のひとつだ。同市は、「セルフBI」を活用するためのデータベース構築をエーティーエルシステムズとともに行っている。担当者の勝山氏に、その詳細を聞いた。

導入事例自治体:埼玉県さいたま市

資料詳細

資料目次

■「行政情報分析基盤 for セルフBI」ご案内資料

サービスカテゴリー

+ すべてのカテゴリを表示する

+ すべての項目を表示する