環境省採用!電力リバースオークション

RE100支援ツール『エネオク』のご紹介 資料詳細

  • 環境・エネルギー

支援企業:株式会社エナーバンク

小売電気事業者が他社の価格を見ながら何度でも再入札可能なリバースオークション形式で競争して入札するので再生可能エネルギーのプランにおいても適正な価格で調達をエネオクが実現します。

エネオクでコスト増を抑制しながら再生可能エネルギー電力に切り替え

エネオクはコロナ禍における固定費削減のツールとしてだけではなく、RE100推進やSDGs対策を推進する官公庁・地方⾃治体や⺠間企業を⽀援するプラットフォームとしても事業拡⼤を進めています。現在、官公庁・地方⾃治体との間では、随意契約の範囲にとどまらず、⼀般競争⼊札も含めた公共施設のRE100推進に向けた取組について協議を進めており、今後、全国的なRE100・SDGs対策の推進をさらに⽀援してまいります。
また、弊社は異なる需要パターンの法人の組み合わせによる共同オークションの特許(特許第678334号)を有しており、今後自治体様とも連携を図りながら、共同オークションのトライアルを予定しています。

■本サービスが解決できる課題
・コスト増を抑制しながら再生可能エネルギー電力へ切り替え
・電力契約切替にかかるご担当者様の事務コストを抑制

■想定される利用シーン
・カーボンニュートラルやゼロカーボン、SDGsの実現に向けた具体策
・地域における民間企業の再生可能エネルギー電力プランへの導入促進(連携協定)

■導入効果
昨年末より市場高騰(JEPX)により一部の小売電気事業者で電気料金の値上がり報道がでておりますが、官公庁自治体様において2021年1月~2月に実施したオークションでも、RE100を達成しつつ、平均約10パーセントの電気料金削減を実現できています。

■導入実績
環境省、四国内某県、愛知県某市、島根県益田市、さいたま市(連携協定)

■参考料金体系
無料のため、予算措置不要となります。

資料詳細

資料目次

■エネオク(リバースオークション)とは
■官公庁自治体採用実績
■官公庁自治体RE100オークション事例
■会社概要

サービスカテゴリー