「残された紙決裁」を簡単に電子化!

【テレワーク実現】汎用電子決裁基盤 資料詳細

  • 情報政策

支援企業:ウイングアーク1st株式会社

汎用電子決裁基盤は「簡易」「簡単操作」な電子決裁システムです。庁内LGWAN上にで動作可能です。必要十分な機能を備え、操作は簡単。価格面でも導入しやすいとの評価をいただいています。

「残された紙決裁」問題を汎用電子決裁基盤で解決

■本サービスが解決できる課題
・押印のために登庁が必要でテレワークが進まない
・電子決裁を導入したいが、現在の業務プロセスを大幅に見直さなければならない
・文書が紙保管であるため、執務スペースに紙があふれている

■想定される利用シーン
・決裁
・文書保存・廃棄
・庁舎移転等に伴う紙文書電子化

■想定される導入効果
・押印のための登庁が不要となり、テレワーク化が進む
・現状の業務プロセスを大幅に見直さず、現状の運用を維持したまま電子決裁の導入が可能
・専用の文書管理システムと比して安価に導入可能
・文書の電子保管による保管スペースの削減

■導入実績
すべてPoC段階であり掲載承諾は無し

■無料トライアルプラン
有り

■参考料金体系
オンプレミス型のライセンス提供では、月額10万円から(ユーザー数上限なし、全庁利用可能、ソフトウェアライセンスのみ)のご提供が可能です。その他パブリッククラウド型のサービス提供もしておりますが、業務により利用可否の検討が必要と認識しています。
庁内LGWANネットワーク上での動作が可能です。LGWAN-ASP提供は現在検討中です。

資料詳細

資料目次

■弊社紹介
■現状の運用・課題
■サービス紹介
■適用業務・運用事例







サービスカテゴリー

+ すべてのカテゴリを表示する

+ すべての項目を表示する