RABAN(ラバン) - 全国の自治体職員に贈る、行政向けサービスの比較・資料請求サイト

会員登録

  • HOME
  • ストレージデータの消去抹消ソリューション

最終更新日:2022/06/08

DXで検討すべき行政データの抹消方法とは

ストレージデータの消去抹消ソリューション

  • 実証実験
  • セキュリティ対策
  • DX推進

企業情報

ネットアップ合同会社

住民/行政データが格納されるストレージの確実なデータ消去と抹消、並びに消去されたデータが復元出来ない事を証明するサービスです。

第三者機関が初めて認証した、ストレージのデータ抹消技術

データ消去/抹消ソリューションは、ネットアップ が提供するストレージ管理ソフトウェア「NetApp ONTAP」にて標準実装されています。
ONTAPは、エンタープライズ向けストレージ関連製品として日本で初めてADEC(一般社団法人データ適正消去実行証明協議会)の「消去技術認証」を取得しました。
これにより確実にデータが消去され、復元出来ない事が証明されます。
また、証明書をご要望であれば、別途、協力パートナー様のManagementツールを利用する事で、ONTAPの消去プログラムの実行履歴をADECへアップロードし、消去の実行結果とストレージ情報をADECの認証局に送信され、第三者機関であるADECのデータ消去実行証明書を発行する事が可能になります。
特に地方自治体に対しては、総務省のデータ消去ガイドラインに沿ったこのプロセスを経た証明書の保持が推奨されており、現在市場ではADEC認証を持つ本ソリューションのみが対応しています。

総務省「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」
(令和2年12月28日)
https://www.soumu.go.jp/main_content/000727474.pdf

◆こんなお悩みありませんか?
・契約終了後、確実に行政データが消去、復元出来ない事が証明された証明書が欲しい
・環境問題の意識から、DISK・SSDの物理破壊を止めたい

資料詳細

資料目次

◆ストレージデータの消去抹消ソリューション紹介資料
・背景
・対策ポイント
・データ消去ソリューション概要
・実証実験の事例ご紹介
・関連 総務省ガイドライン
・その他 データ暗号化対策への取り組み

企業情報

企業名
ネットアップ合同会社
設立
1998/05/01
住所
〒1040031 東京都中央区 京橋2丁目1−3 京橋トラストタワー 9F & 10F