住民のニーズに合わせた情報発信を実現

LINEで適切な情報配信・セグメント配信 資料詳細

  • 広報・広聴

支援企業:transcosmos online communications株式会社

KANAMETOは、LINEユーザの属性に合わせたセグメント配信や問合せに自動応答できるチャットボットの導入によって、より住民から求められる効果的な情報配信を実現するサービスです。

自治体のLINE活用をサポートして住民とのコミュニケーションを促進

■本サービスが解決できる課題
・住民がどんな情報を求めているのか把握できない
・行政・地域情報を発信しても、住民に認知してもらえない
・住民からの定型的な問合せに対応する手間がかかる

■想定される利用シーン
SNSを利用して施策の広報や行政情報の周知を行う場面

■想定される導入効果
・LINEを活用することで、より多くの住民に訴求できる
・セグメント配信によって、住民ニーズにきめ細かく対応した情報を発信することができる
・タイムリーな情報配信やQAチャットボットの導入により、定型的な問合せに対応する職員工数を削減できる

■導入実績
日本全国100を超える自治体様に導入済
(熊本県熊本市様、宮崎県都城市様、福島県郡山市様、山口県宇部市様、宮城県気仙沼市様、北海道下川町様、長野県辰野町様、愛媛県松山市様、東京都武蔵野市様、山形県酒田市様、静岡県焼津市様、岡山県高梁市様、福岡県宗像市様、富山県射水市様など)


資料詳細

資料目次

■LINE公式アカウント対応プロダクト「KANAMETO」
■KANAMETO PUSH 基本機能紹介
■KANAMETO PUSH 機能活用イメージ
■チャットボット機能
■KANAMETO TALK 基本機能紹介
■KANAMETOの活用方法
■活用例①:セグメント配信
■活用例②:定型的なお問合せの削減
■会社概要






サービスカテゴリー