住民の生活習慣病対策

ICTを活用した糖尿病予防プログラム 資料詳細

  • 健康福祉

支援企業:日本生命保険相互会社

日本生命が考える
「糖尿病予防プログラム」の新しい展開

アナログとデジタルの融合が高い継続率と改善率をもたらす

ICT機器を駆使し、リモート環境でも保健師による保健指導が受けられ、生活習慣の改善に取り組める、というのがこのプログラムの最大の特徴です。コロナ禍での自粛生活にも対応できることは、このプログラムをこれまで以上に価値のあるものにしていると言えます。外来診療に携わる立場から見れば、コロナ禍の影響は今後、確実に影響が出てくるものと予想されます。ほとんどの人は自粛生活による運動不足や食生活の乱れが悪影響をもたらす懸念があります。その意味では、「糖尿病予防プログラム」導入の重要性は、ますます高まっていると考えています。

導入実積:越前市(福井県)

資料詳細

資料目次

■ご案内資料

サービスカテゴリー