システム導入による業務効率化 資料詳細

  • 情報政策

支援企業:アステリア株式会社

データ連携ツールはAPIを使ってデータそのものを直接操作するので、作業ステップを大幅に減らしながら、データを短時間で処理することができます。

現場の生産性を飛躍的に向上 「データ連携ツール」活用のススメ

中小規模の自治体では、RPA的な利用方法、たとえばExcelデータからシステムへの転記や、その逆にExcelへの転記のような日々の業務自動化に活用できます。一方、大規模自治体では、政府が進める「スーパーシティ」構想の中核として行政・民間・個人の情報をつなぐ「データ連携基盤」のように大規模な活用も可能です。こうした大規模なデータ連携基盤を構築するうえでも、『ASTERIA Warp』は多くの自治体にとって欠かせないツールになるはずです。当社では、民間企業9,000社以上への導入実績で培ったノウハウを提供し、DXを進める自治体を支援していきます。

資料詳細

資料目次

■ASTERIA Warp サービスカタログ
■埼玉県導入事例
■DX化の障壁解消に必要な “内製化”とは「DX推進のベストプラクティス」ホワイトペーパー

サービスカテゴリー

+ すべてのカテゴリを表示する

+ すべての項目を表示する