道路インフラの老朽化対策 資料詳細

  • 防災・危機管理
  • 公共インフラ・まちづくり

支援企業:古河電気工業株式会社

位置や種類といった基本情報さえ把握していない自治体は多く、まずはその取得と点検表の整備を支援します。

懸案だった「道路附属物維持管理」は、人手とコストをかけずに解決できる

―道路上の小規模附属物に対する「点検要領」発表以降、自治体の問題意識は高まっていますか。

 はい。近年、道路附属物の倒壊や落下などの事故が全国で散発的に発生し、自治体の問題意識は高いです。国から出された点検要領は、あくまで努力目標の位置づけですが、適切な点検が必要と考えている自治体は多いですね。しかし、どの自治体も人手や予算のリソース不足という同様の課題を抱え、効率的な点検手法が強く求められていました。今回、当社が提案するシステムは、その課題を解決できる画期的な手法です。

―今後、自治体をどう支援していきますか。

 位置や種類といった基本情報さえ把握していない自治体は多く、まずはその取得と点検表の整備を支援します。日光市との実証実験以降、すでに複数の自治体で導入を検討いただいています。道路附属物管理に困難さを感じている自治体の方は、ぜひお問い合わせください。

導入自治体:栃木県日光市

資料詳細

資料目次

■道路附属物点検支援システム
■本システムを用いた点検の流れ

サービスカテゴリー

+ すべてのカテゴリを表示する

+ すべての項目を表示する