手書き文字のデジタル化 資料詳細

  • 情報政策

支援企業:アライズイノベーション株式会社

文字の座標が定まっていない「非定型」の帳票からデータを抽出する機能や、書類の文字すべてを抽出する「全文OCR」機能を備えています

AI-OCRで実現する業務効率化要諦は「システム連携」

多くの業務で住民に関する機密情報を扱うため、LGWANに対応したツールであることが大前提となります。そのうえで、「別のシステムといかに簡単に連携できるか」も大切です。どんなに高い精度で文字をデジタル化できても、業務全体の効率化につながるとは限りません。たとえば、「デジタル化した文字をExcelに流し込み、そこから手作業で別のシステムに転記する」という運用方法もありますが、これでは職員が転記する手間と時間がなくならず、人的ミスが起こるリスクも残ります。 そこで当社では、LGWAN対応のAI-OCR『AIRead』を提供し、文字のデジタル化からシステム連携までを一貫で支援しています。

独自の機能として、文字の座標が定まっていない「非定型」の帳票からデータを抽出する機能や、書類の文字すべてを抽出する「全文OCR」機能を備えています。これらにより、文書のデジタル化に関する幅広いニーズに応えられます。また、職員自らがAIを学習させ、読み取り精度を向上させることができるのも特徴です。 さらに、データの加工やシステムへの入力によって業務全体を効率化できるよう、ETLやRPAの拡張機能も提供できます。

資料詳細

資料目次

■AIReadonLGWANリーフレット
■地方公共団体様向けAIReadご紹介資料
■AIRead予診票読取リーフレット

サービスカテゴリー

+ すべてのカテゴリを表示する

+ すべての項目を表示する